保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人は債務に関する契約において必要となりますが、違いについて理解していないと、保証人になった人に迷惑がかかってしまう可能性もあります。
この記事では、保証人と連帯保証人の違い、債務者が債務整理した時に保証人はどうなるのか、保証人に負担のかからない債務整理について解説していきます。

保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人は、主債務者の保証をするという立場は一緒です。しかし、保証の範囲や、主債務者に代わって業者から督促を受けるタイミング等が大きく異なります。
保証人には、催告の抗弁権、検索の抗弁権、分別の利益の3つが認められていますが、連帯保証人には認められていません。

催告の抗弁権

債権者が保証人に請求をしてきた場合に、主債務者に請求して下さい。と主張することができる権利です。
主債務者が破産又は行方不明などの場合は主張はできません。

検索の抗弁権

返済資力があるにも関わらず、主債務者が返済を拒否した事で保証人に請求が来てしまった場合、返済能力があるのだから主債務者から返済してもらうか、主債務者の財産を差し押さえてくれ。と主張することができる権利です。
この主張をするためには、主債務者に資産があること、その資産に強制執行が容易にできることを証明しないといけません。

分別の利益

主債務者に代わって返済を行うことになった際に保証人が複数いた場合、借金全額を保証するのではなく、保証人の人数で按分した金額だけを負担することです。

上記の3つを保証人は主張することができますが、連帯保証人は主張できない為、債権者に支払いを命じられたら支払わなくてはならないし、保証人のような人数頭割ではなく、連帯保証人が、借金の全額について返済の義務を負うことになります。

債務者が債務整理した時に保証人はどうなるのか

主債務者が任意整理や個人民事再生、破産・免責手続きなどをとって借金の返済義務を免れた場合、連帯保証人の返済義務は無くなるわけではなく、主債務者が払わず残ってしまった借金全額を、連帯保証人が返済しなければなりません。

保証人に負担のかからない債務整理は

債務整理する場合、債務者・保証人双方に負担の少ない債務整理の方法を選ぶことが大切です。

保証人に迷惑をかけたくない場合は、任意整理を行い保証人付き債務を整理の対象から除外する方法があります。
除外した債務は減額されませんが、それ以外の債務を整理すれば、その分を保証人付き債務の返済に充てることが可能です。

自己破産や、個人再生の場合は保証人への迷惑は避けられません。
なるべく早く連絡をして事情を理解してもらうため、弁護士など専門家から説明してもらうなど配慮が必要となります。なお、借金など債務整理に関する無料相談は埼玉県川口市の弁護士法人翠で受け付けております。

まとめ

保証人と連帯保証人では、連帯保証人の方が重い責任を課されます。
保証人付き債務の債務整理を行う場合は慎重に方法を選ばなければなりません。保証人ときちんと話し合い説明をして、理解を得てから手続きを進めるようにしましょう。
保証人に関するトラブルを避けるためにも弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。